このステッカーが目印
このステッカーが目印

香川県高松市の一部地域で、無料の公衆Wi-Fiサービス「KAGAWA-WiFi_Takamatsu」が始まる。対象地域にいれば手持ちのスマートフォンで、月々のデータ通信量などを気にせずインターネットに接続できる。ロゴは「うどん」。

香川県はうどん消費量の多さで知られ、観光協会は「うどん県」として情報発信するほど。すでに県が運営している「KAGAWA Wi-Fi」でも利用可能な場所を示すステッカーのロゴにはしっかり意匠が入っている。うどんから通信用の電波を発しているようにも見え、県が育んできた食文化への並ならぬ愛情を感じる。

県と高松市が手掛ける今回のWi-Fiでもこれを踏襲している。

NTTグループが回線を整備した。利用できる地域はというと、まず高松港周辺の「サンポート高松」。大型テント広場、多目的広場、高松シンボルタワーなどだ。

ほかには高松駅周辺、高松中央商店街の街路、高松琴平電気鉄道瓦町駅周辺、高松空港、高松市役所で使える。

SSIDはKAGAWA-WiFi_Takamatsu。利用時間は1回30分で、回数は無制限。暗号化は非対応。

なお、NTTグループの公開しているアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」をスマートフォンに入れておけば、煩雑な設定抜きで、ほかの地域の無料Wi-Fiとまとめて利用できる。