世界中からアイデア製品が集うクラウドファンディングサイト「Kickstarter」。このご時世を反映して、エコ(環境保全)をうたった製品も多く見られます。

見て楽しい、食べて楽しいスプーン作り?
見て楽しい、食べて楽しいスプーン作り?

デザイナーのAnatoliy Omelchenkoさんが展開する「Edible Spoon Maker」も、エコをうたう製品の1つ。一見よくあるワッフルメーカーのようですが、中に生地を入れることでスプーン型のクッキーを焼くことができます。食事の際、使い捨てのプラスチック製スプーン代わりにこのクッキーを使えば、家庭のゴミを減量。皿洗いの手間も省略できるというわけです。

好みの生地を焼くことができます
好みの生地を焼くことができます


クッキー作りに伴う材料費や光熱費を考えると、それほどエコではない気もしますが、Omelchenkoさんは気にしていない様子。「地球を救うヒーローになりたくはありませんか?」との言葉と共に、エコ意識が高いユーザーに支援を呼びかけています。何はともあれ、食べられるスプーンという目新しさは、ホームパーティーなどの場を盛り上げてくれそうですね。

カップ麺にも使うの?
カップ麺にも使うの?

Kickstarterの公式ページでは、製品化のための支援を5月8日まで受付中。支援額に応じて実際の製品を送ってもらうこともできます(別途送料)。

※画像はKickstarterの「Edible Spoon Maker」ページから