ホイッスルと歩数計がひとつになった「歩イッスル FB-738」を、タニタが4月1日に発売する。実は防災用だ。

3D(3軸加速度)センサーを搭載し、付属のストラップで首から下げれば普段から手軽に携帯して歩数が計測できる。81×34×14.5mmという大きさで、重さは約28g。初期設定なしで使え、9万9,999歩まで計測、表示が可能。

一方で、災害時の避難、救出、脱出に役立つ「防災用緊急笛」としても利用できる。高さの違う2種類の音を同時に発生させることで、子どもや女性、高齢者の弱い息でも住宅用火災警報器より大きい100dB以上の響きを出せるそう。

災害で建物やエレベーターなどに閉じ込められた際、72時間の救出が生存率を高めると言われ、早期発見のため居場所を周囲に知らせる道具は重要だそう。

笛としての機能は、電気式のブザーと異なり、電池切れや電気的な故障の心配がないそう。

カラーはイエローとブラックの2種類で、希望小売価格は3,000円(税別)。