米国Dropboxは、オンラインストレージサービス「Dropbox」のユーザー数が5億に達したことを、公式ブログ(英文)で発表。ユーザーの推移や傾向をまとめたインフォグラフィックも公開している。

5億ユーザーを抱えるサービスに成長   (出典:Dropbox公式ブログ)
5億ユーザーを抱えるサービスに成長
(出典:Dropbox公式ブログ)

同社によると、新規登録の44%は既存ユーザーの紹介によるもの。新規登録者数が多い国としては米国のほか、ブラジルやインド、英国、ドイツが挙げられており、グローバルに成長している様子がうかがえる。アクティブなユーザーも多いようで、これまでにファイル共有を通じて生み出された“つながり”は33億件、2015年だけで約50%増加したそうだ。

友人や同僚、家族を連れてくる既存ユーザーが多いそう   (出典:Dropbox公式ブログ)
友人や同僚、家族を連れてくる既存ユーザーが多いそう
(出典:Dropbox公式ブログ)

公式ブログでは、Dropboxで納期の短縮化を図る鉱業メーカーや、ワークフローのクラウド化の一環で導入したメディアなど、企業ユーザーの事例も紹介。幅広いビジネスでDropboxが活用されていることを強調している。ブログの最後は「次の5億」に対する期待感でしめくくられており、今後のユーザー増加にも自信たっぷりのようだ。