卒業や進学、就職など、友人や親戚からおめでたい話を聞くことが増える3月。祝福のメッセージを送るついでに、何かギフトも添えて相手を喜ばせてみませんか?

大切な誰かに“春”は来ましたか?
大切な誰かに“春”は来ましたか?

ちょっとした贈り物をする際に役立つのが、EメールやSNSを活用したソーシャルギフト。相手の住所を知らなくても贈れる手軽さが人気を集めています。ここでは会員登録が不要で、初めての人にも使いやすいサービス3つを紹介します。

■Starbucks eGift(500円)※税込、以下同じ

メッセージと共に、スターバックスのドリンクチケットをオンラインで贈れる「Starbucks eGift」。チケットのデザインは「Birthday」「Thank you」「おめでとう」などのテーマから選ぶことができます。色彩豊かで大人っぽいデザインは、贈る方もテンションが上がりそう!送信手段はEメールやFacebook、LINEなど、支払いはクレジットカードやLINE Payなどに対応しています。

デザインを選ぶのも楽しい
デザインを選ぶのも楽しい
     
受け取った人がチケットの画面を店頭で提示すると、好きなドリンク(税込500円以内)と交換できる仕組み。画面には返信をする機能もあり、受け取り手は写真やイラストを添えてお礼メッセージを送ることができます。

 「ありがとう」「嬉しかった」という反応、ほしいですよね?
「ありがとう」「嬉しかった」という反応、ほしいですよね?
 
■MINISTOP e-GIFT(100~250円)

オリジナルのソフトクリームが有名なコンビニチェーン ミニストップ。e-Giftではコーヒーやソフトクリーム、揚げ物などのギフト券をプレゼントすることができます。小腹を満たせるものが多いため、残業中の同僚をねぎらうといった場面にも役立ちそう。花柄やキャラクターなど、デザイン豊富なカードも魅力です。

看板商品の「ソフトクリーム」も対象
看板商品の「ソフトクリーム」も対象
 
残業が続く同僚をねぎらってみては?
残業が続く同僚をねぎらってみては?

ギフトの送信手段はEメールやFacebook、LINEなど。支払いはクレジットカードやキャリア決済などに対応しています。

■Soup Stock Tokyo メッセージギフト(e-gift)(630円)

駅ナカなどで見かけるスープ専門店チェーン「Soup Stock Tokyo」。e-giftでは、スープ(レギュラーカップ)と引き換えられるギフトカードをプレゼントすることができます。同店は数種類のスープを常時ラインナップしているため、相手の嗜好を問わず喜んでもらえそう。ギフトの送信手段はEメールやFacebook、LINEなど。クレジットカードで決済することができます。
 
温かみあるカードを添えて…
温かみあるカードを添えて…

リッチな1杯をプレゼント   ※パンは別売り
リッチな1杯をプレゼント
※パンは別売り
 
数百円の商品でも、メッセージやイラストが加わることで結構喜んでもらえるのがソーシャルギフトの魅力。積極的に活用して、近しい人とのより良い関係づくりに役立ててみてはいかがでしょうか?

※サービス内容は2016年3月10日時点のものです。
(C)2016 Starbucks Coffee Company
(C)MINISTOP
(C)Soup Stock Tokyo co., Ltd