カシオの「G-SHOCK」シリーズの新製品
カシオの「G-SHOCK」シリーズの新製品

時間が分かるだけでなく、水深、水温、方位まで調べられる腕時計「FROGMAN(フロッグマン)GWF-D1000」が登場した。スパイ映画「007」の主人公、ジェームズ・ボンドが使いそうだ。6月10日に発売予定。

カシオ計算機の耐衝撃腕時計「G-SHOCK」ブランドの新モデルで、水難救助など「過酷な水中でのミッションを支える性能」が特徴。

ISO規格に基づき、水深200mまで潜っても使える。内蔵した圧力センサーによって10cm単位で80mまで水深を測れるほか、温度センサーにより0.1℃単位で水温を調べられる。さらに磁気センサーにより時計が水平でなくても1度単位で方位が確認できる機能もある。

水底でも使える
水底でも使える

ほかにも潜水時間や最大水深、最低水温などを記録するログメモリー機能、減圧症などを防ぐため浮上速度を警告する機能などを備える。

風防には傷つきにくいサファイアガラス、バンドにカーボンファイバーを使い、高い耐久性を持たせている。グローブ装着時でも操作しやすい大型ボタンを採用するそう。

裏蓋には「フロッグマン」シリーズの印であるカエルを刻印。今回はライトを持ってレスキューへと向かう勇敢な姿を描いているという。


希望小売価格は12万5,000円(税別)から。