白、黒、赤を切り替えて表示できる電子ペーパーを、 凸版印刷が発表した。

薄くて曲げることができ、3色を使い分けて文字などの一部を自在に強調できる。店頭で商品の値段などを表示するのに向くそう。確かに割引や安売りなどの場合は赤色の方が分かりやすいかもしれない。

表示部分の前面にE Inkが開発したカラー電子ペーパー「Spectra」を採用。凸版印刷の技術を組み合わせている。

2018年度の実用化を目指すとのこと。そのうちスーパーマーケットやドラッグストアの店頭で見かけるようになるかもしれない。