キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」を3月25日に発売。エントリーユーザーからハイアマチュアユーザーまで、本格的な写真表現を求めるユーザーの幅広いニーズに応えるとしている。キヤノンオンラインショップの販売価格は12万9,800円(ボディ単体、税別)。

EOS 80D  ※EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM装着時
EOS 80D
※EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM装着時

同製品は「EOS 70D」(2013年8月発売)の後継機種。新開発の有効画素約2,420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC6」が採用されている。最高ISO16000(動画撮影時:ISO12800)の常用ISO感度を達成しており、質感や立体感を描写する高画質を実現したそうだ。視野率約100%の光学ファインダーや被写体を確実に捉えるオールクロス45点AFなど、本格的なファインダー撮影性能も備えている。

動画撮影性能においては、CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの両方を行う「デュアルピクセルCMOS AF」と、バリアングルタッチパネル式液晶モニターとの組み合わせにより、一眼レフならではの美しいボケ味のある撮影が可能。動画用のクリエイティブフィルターには従来の「ジオラマ風」に加えて、「メモリー」「ファンタジー」「オールドムービー」「ダイナミックモノクローム」などの効果が加えられており、幅広い表現ができる。

そのほかにWi-Fi/NFCに対応しており、カメラ間での画像の送受信や、スマートフォン・タブレットを使ったリモート撮影および画像転送が可能。キヤノンのフォト&ムービーストレージ「Connect Station CS100」(別売)にかざして接続し、画像を簡単に保存・整理することもできる。