離れたところから家電を操作できる指輪が登場した。正確にはすでにある2つの製品を組み合わせて、そのような使い方ができるようになった。

さまざまな家電をまとめて遠隔操作できるスマートリモコン「eRemote RJ-3」と、指輪型ウエアラブルデバイス(身につける電子機器)「Ring ZERO」が連携した。


Ring ZEROは、スマートフォンと無線でつながり、指先の動きだけで画面に触れずに操作できる機器だ。そしてeRemote RJ-3は無線でつながったスマートフォンをリモコンがわりにし、エアコンやテレビ、場合によっては照明なども点けたり消したり、調節したりできる。

この2つの組み合わせにより、指輪をはめた指の動きだけで家電を操作できる。

家庭内にWi-Fi環境があれば、スマートフォンに専用のアプリケーションをダウンロードし、この2つの機器とつなげればよい。続いて操作する家電ごとに指をどう動かすかを決め、それをアプリに記憶させれば、あとは必要に応じてその動きを繰り返すだけ。

希望小売価格はeRemote RJ-3が9,800円(税込、以下同じ)、Ring ZEROは1万6,900円。