キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品5機種を発表。レンズ交換式カメラEOSシリーズを愛用するハイアマチュアユーザーからカメラを初めて手に取るエントリーユーザーまで、幅広いユーザーのニーズに対応するとしている。発売時期は2月下旬~4月下旬。

新製品の1つ「PowerShot G7 X Mark II」は、24-100mm相当/F1.8-2.8の大口径レンズと1.0型CMOSセンサーを搭載した小型・高機能モデル。新映像エンジン「DIGIC 7」を初めて搭載しており、ノイズリダクション処理の進化による高画質化を実現したほか、手ブレ補正や被写体の追尾・検出といった撮影機能が強化されている。発売日は4月下旬。キヤノンオンラインショップの販売価格は7万7,800円(税別、以下同じ)。

PowerShot G7 X Mark II
PowerShot G7 X Mark II

「PowerShot SX720 HS」は、新レンズ搭載により薄型を実現した高倍率モデル。レンズ収納時に、レンズ群を光軸から退避させる新構造を採用しており、薄型ボディーながら、 24-960mm相当の幅広い撮影領域に対応する光学40倍ズームを実現した。また、動画記録に優れた映像エンジン「DIGIC 6」と、光学式と電子式を併用した5軸(上下、左右、回転軸、水平回転軸、縦回転軸)の手ブレ補正により、動画撮影も快適にできるそうだ。 発売日は3月下旬。キヤノンオンラインショップの販売価格は4万4,800円。「ブラック」と「レッド」の2色で展開する。

PowerShot SX720 HS(ブラック)
PowerShot SX720 HS(ブラック)

PowerShot SX720 HS(レッド)
PowerShot SX720 HS(レッド)

そのほかに「PowerShot SX420 IS」「IXY 190」「IXY 180」の3機種が発売される。発売日は2月25日。