手持ちの書籍を裁断しなくても、各ページの内容をきれいに読み取って、電子化できるスキャナー「400-SCN033」が発売になった。サンワダイレクトが取り扱っている。

家庭などで、印刷書籍をスキャナーで読み取って電子書籍に変える「自炊」作業をやってみたい人向け。

通常のスキャナーに比べガラス面までの幅が狭く、文字が切れたり本の中央に影ができたりしにくい。綴じしろの影が映らず、ページのはしまできれいに取り込めるそう。片面ずつ読み取れば、本を裁断せずに「自炊」が可能だ。

A4サイズ、300dpi、カラーの場合で、1枚辺り約7秒で取り込みが可能。原稿カバーが持ち上がる構造で、分厚い本も押さえながら読み取れる。

付属のアプリケーション「Book Pavilion」を使って、取り込んだ内容をPDF形式の文書に変換できる。OCR機能も備え、文章をあとでキーワード検索したり、容易にコピー、引用したりできる。


自動回転機能や、自動切り抜き、傾き補正機能も備える。PDFに加えJPEG、PNG、BMP、TIFFと合計5種類のデータ形式を選べる。解像度は75~1200dpiに対応する。手元のボタンで手軽にカラー、グレースケールスキャン、モノクロを選べるようになっている。

サイズは約W453×D285×H105mm、重さ約3.4kg。希望小売価格は3万4,074円(税別)。