東北芸術工科大学は、インターネット上で大きな話題となった「書き時計」を2月23日~28日に東京都美術館で展示する。

書き時計は、正式な作品名を「Plock[プロック]」という。東北芸術工科大学のプロダクトデザイン学科4年鈴木完吾氏の卒業制作だ。からくり仕掛けが筆記具をとり、人間のように時刻を手書きするようすが不思議で美しい。


「人間がやったら単純なことでも機械がやったら大変なことを、機械にさせたらどうなるか」がテーマだそう。機械式時計とからくり人形の原理をもとに、独自設計した407個の部品で構成する。いずれも木製の板から糸のこぎりで切り出している。

2015年の4~8月までの構想・研究期間を経て、10月から制作に着手。実は現在も未完成で、今後も研究を継続していく予定だとか。

再展示の場は、東北芸術工科大学芸術学部美術科の2015年度卒業・修了生による成果発表展。

会期中毎日、鈴木氏本人によるデモンストレーション時間を設定するそう。ほかは静止状態での展示となる。なかなか大変な展示である。

デモンストレーション時間は次の通り。

10:30-10:45
11:30-11:45
12:30-12:45
13:30-13:45
14:30-14:45
15:30-15:45
16:30-16:45