一般財団法人日本気象協会は、2月13~14日の気象について、急速に発達する低気圧による“春の嵐”が予想されると発表。強風や花粉の飛散への注意を促している。

愛の告白は荒れないでほしい
愛の告白は荒れないでほしい

この2日間には、低気圧が急速に発達しながら日本海を進む見込み。日本の東で勢力を強める高気圧との間で等圧線の間隔がこみあい、九州から東北にかけての広い範囲で南風が強まることで、強い雨を伴う“春の嵐”になるそうだ。太平洋側の地域を中心に、強風による交通機関の乱れや高波への注意が呼びかけられている。

受験生への影響も心配
受験生への影響も心配

九州から東北にかけては、季節外れの暖かさも予想されている。最高気温が20度以上となるところが多く、関東では条件次第で25度を超える「夏日」になる可能性があるとのこと。この暖かさにより、一気に花粉の飛散が進む可能性があるほか、雪解けによる落雪や雪崩の危険性も高まるとされている。