この4月、宮城県大和町にドローン・マルチコプター専用練習場「ブーメラン」が開設予定だ。仙台市の企業、ファナティックが計画を進めている。

ブーメランは、東北自動車道の大和インターチェンジから4kmの地点にあり、1,080坪(つぼ)の広さを備えている。初めてドローンを飛ばす人から、研究目的で飛行データを収集する人まで、心置きなく飛行を楽しめるという。人数を限定した会員制として運用するとか。


日本はドローンを自由に飛ばせる場所に限りがあり、自治体ごとに条例で飛行を規制する傾向も強いため、需要があると見込んでいるのだとか。

災害救助から商用利用までドローンに関する情報を共有し、研究ができる仲間を集めるための場としても運営していくそう。



こうしたドローンの練習場は全国で少しずつ増えている。今後は手軽に地域ごとの施設を検索できるようなサービスなども盛り上がるだろうか。