急な雨にも耐える生活防水のiPhoneケース「DN-13596」を、上海問屋が発売した。自転車に取り付けるホルダーとして使える。iPhone 6s/6およびiPhone 6s Plus/6 Plusに対応する。

ケースの内側はシリコン製で、衝撃に強いそう。ホコリなども防ぐとしている。ケースに入れた状態でもタッチ操作を行え、カメラ撮影なども可能。ただし指紋認証は使えない。


目的地までナビゲーションアプリケーションを利用したり、サイクルコンピューターアプリで走行距離や消費カロリーを計測したりといった用途に便利だ。

クランプには着脱ボタンが付いていて、ボタン一つでケースの取り外しが可能。クランプを自転車のハンドルに通してネジを回せば、簡単にしめたり、ゆるめたりできるという。

自転車に装着した際は、タテ・ヨコ自由に向きを変えられる。付属のネックストラップを防水ケースに取り付ければ、普段使いもOK。自転車装着時の落下防止にも役立つ。

悪路を走行する際は、段差などの衝撃でスマートフォンが落下する恐れがあるので、徐行またはホルダーからスマートフォンを外してから走ってほしいそう。また完全防水ではなく、スマートフォンの落下・浸水などによる破損までは対応しないとか。