スマートフォンで金銭の出入りを記録できる家計簿アプリケーション「マネーフォワード」で、仮想通貨/暗号通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の手持ち残高を記録できるようになった。ビットコインを売り買い、管理できるサービス「bitFlyer(ビットフライヤー)」と協力する。

ビットコインは、特定の企業がまとめて発行したり管理したりせず、分散型元帳(ブロックチェーン)という技術によってごまかしを防ぐ仕組み。銀行口座やクレジットカードを持っていなくても利用でき、低コスト、迅速、簡便な支払い手段になり得る。

たいていは「取引所」と呼ぶサービスを通じて現実の通貨と交換し、利用する。ビットフライヤーもその1つ。口座を作ってビットコインを管理する。

マネーフォワードでは、口座にあるビットコイン残高を記録できるようになった。現金残高やクレジットカード、金融商品の情報、入出金、取引データと一括して管理でき便利だそう。

マネーフォワードは今後、ビットコインの取引額、使う人の数、時価総額などの拡大を見込んでいるそう。

なお、ビットコインについては中国の技術者などの影響力が大きくなるなか、当初は先進性を賞賛していた米国の一部ニュースサイトが「ビットコインは失敗だった」と主張し始めるなど、評価は一定しない。使いやすい環境は整いつつあるが、依然として十分な吟味は必要とみられる。