集英社の女性向け小説レーベル「コバルト文庫」はこの春、小説投稿ができる新サイトを公開すると発表した。一方、隔月刊雑誌「Cobalt」は4月1日発売の5月号で終了するそう。

新たに立ち上げるWebサイトは「よめる&かける小説総合サイト WebマガジンCobalt」。という名前。雑誌のように人気作家による書き下ろし新作をいち早く掲載するほか、小説の投稿企画を実施する。

掲載小説は無料で読めるとしており、例として赤川次郎など著名作家の名前を挙げている。また「ノベル大賞」「短編小説新人賞」「イラスト大賞」などの発表や選評も掲載するそう。

投稿新企画についての詳細は不明。あるいは「小説家になろう」や、KADOKAWAの「カクヨム」のように、誰でも自由に投稿して、読者の評価を受けるような形式になるのだろうか。

コバルトの公式サイトで随時、続報が出るそう。