おそ松さんのゲーム、事前予約サイトが公開中 (c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
おそ松さんのゲーム、事前予約サイトが公開中 (c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

タワーディフェンス。攻めてくる敵に対し、搭(タワー)を建てて戦うゲームの総称だ。インターネット上では以前から一部で強い支持がある。人気アニメ「おそ松さん」初のスマートフォン向けゲームでも採用するという。

タワーディフェンスは、2009年にRoman Sanineが開発した「Tower Defence」というPCのWebブラウザで遊べるゲームが名前の発祥と言われる。進路にそって進んでくる敵に対し、搭を建てて待ち受け、戦う。

ゲームの仕組みは質素だが飽きが来ない。以降さまざまな作品が登場し、スマートフォン向けにも数多くの人気作がある。各国で流行した「クラッシュオブクラン」や、無料で遊べる「キングダムラッシュ」などの名前は、ゲーム好きなら聞いたことがあるだろう。

おそ松さんのスマートフォン向けゲーム「おそ松さんヘソクリウォーズ~ニートの攻防~」もタワーディフェンスを採用するそう。ただ公式サイトの説明によると「松野家VSイヤミ、デカパン、ダヨーン、ハタ坊たちとのへそくりを巡る抗争が勃発!日本各地から世界を舞台に大暴れ」とあり、ほとんど内容はうかがい知れない。開発画面をみると横スクロールで進行していくようにも見えるが、一部変更になる可能性はあるとのことで、断言はできない。

プレイ料金は基本無料でアイテム課金方式になるという。特典付きの事前登録を受け付けており、すでに申込数は10万件を超えている。

今回を機にあらためてタワーディフェンスが注目を集めるとすれば興味深い。

なお、Webブラウザから遊べるゲーム「おそ松さんのブラック工場」「トト子に貢ぎ隊」「推し松クイズバトル」も2月より開始予定とのこと。