大手セキュリティ企業のシマンテックは最近、悪名高い「ワンクリック詐欺」を監視していて新たな手口を見つけた。人がうっかりアダルトサイトを開くと、あとは触りもしなくても勝手に「会員登録」し、金銭を請求してくる「ゼロクリック詐欺」だそう。

たいていのワンクリック詐欺は、偽のアダルトサイトなどに人を引き寄せておいて、1回だけクリック(タップ)させて会員登録をしたことにし、高額の料金を請求する。もう10年ぐらい前からある手口だが、また新たな派生形が登場したそう。

ゼロクリック詐欺は、アダルトサイトを開いた人が何もしなくても登録画面に移ってしまう。サイトのふるまいを決める「metaタグ」にちょっとした仕掛けを施す、きわめて古典的なやり方をしているようだ。

ワンクリック詐欺は今やスマートフォン対応。どうしようもないセンスは不変。ある意味すごい
ワンクリック詐欺は今やスマートフォン対応。どうしようもないセンスは不変。ある意味すごい

何の警告もないまま、会員登録してしまったと思い込んでしまう場合がある。請求金額は約24万円(2,000ドル)という場合もあるそう。

ちなみに24時間以内にサポートセンターに電話してほしいといった警告も出てきて、番号の案内まである。

もちろん登録の件はでたらめだし、くだんの番号に電話をかけたりすれば、詐欺師がからんでくる場合がある。おまけに自分の電話番号を相手に教えてしまい、ほかの詐欺などへの悪用を許すことにもなりかねない。同様に案内のあったメールアドレスに連絡することもすべきではないそう。

うっかりこの種のサイトを開いてしまったら請求は無視する方がよいとか。またセキュリティ用のアプリケーションを入れれば、見ないで済むよう遮断してくれる。