450m範囲で届く?というハイビーコン
450m範囲で届く?というハイビーコン

Bluetoothの電波が450m範囲で届く、とうたった長距離ビーコン「ハイビーコン」が2月15日に発売になる。見本写真によればキーホルダーのような装置。高齢者に持ってもらい、居場所が分からなくなったらスマートフォンからすぐ探せるなどの使い方があるそう。

Bluetoothといえば、iPhoneなどと色々な機器をごく近い距離でつなぐ無線通信という印象。電波を飛ばすことで位置を検出するビーコンにも使うことができ、iPhoneで利用できる「iBeacon(アイビーコン)」が有名だが、従来は送信距離が10m程度にとどまるものが多かった

インタープロが新たに出すハイビーコンは国内で初めて「BLE Class1」という規格に沿ったモジュールを採用し、アンテナを内蔵して、電波範囲を最大450mに伸ばした、と説明している。

ハイビーコンは省電力を打ち出している。平常時は最低電力で機能し、捜索が必要になった時点で連続電波に切り替えるのだとか。平常時なら一般的なコイン型リチウム電池(CR2032)で理論値として最大10年間の動作が可能だそう。

ビーコンから検出した位置を捜索するには、スマートフォンのアプリケーションを使う。

開発元のインタープロは、インターネットを利用して家族などが高齢者を見守るための機器を手掛けている。その関係で介護サービス事業者や施設から意見を聞くと、認知症によるひとり歩き(徘徊)の問題が出るそうだが、既存の対策グッズによい印象を抱けず、持ち歩きたがらない人もいるそう。

そこでハイビーコンは、100円ライター程度に小型軽量化し、カラーバリエーションをそろえるなど、デザイン性を重視してみたという。すでに実証実験も始めているとか。

こんな企画も
こんな企画も

 今後はもっと軽量小型化した製品の開発や、電波距離の延長などを予定している。また商業施設でのクーポン発行などにも生かしたいそう。