エルカホン
エルカホン

一瞬、通販サイトから届く箱みたいに見えるが、実はアコースティックと電子のハイブリッド打楽器。不思議な製品「ELCajon(エルカホン)EC-10」を、ローランドが1月23日に発売する。

もとになっているのはアコースティック打楽器「Cajon(カホン)」。手軽に持ち運べ、本体にまたがり打面を手で叩いて演奏する。路上ライブや小規模な演奏会などで、アコースティックドラムの代わりとしても使う。


しかしアンサンブルで演奏する際には周囲から音のバリエーションがもっと欲しいと言われがちだとか。そのためカホン奏者は複数の打楽器を併用した演奏が多く、機材の持ち運びなどに苦労するらしい。

エルカホンは、打楽器としてカホンが持つアコースティックの音と電子音を重ねて鳴らせる。ローランドの電子ドラムのセンサー技術と音源を搭載し、本体のスピーカーからタンバリンやシェイカー、ドラムやパーカッション、さらにカホンの音色の一部を強調した電子音などを響かせる。音色は、さまざまな場所や演奏を想定して合計30種類を用意しているそう。


一般的なカホンと同サイズで、重さは6kg。電池駆動に対応している。出力端子も装備し、ライブ会場の大きなスピーカーにもつなげる。電源をオフにすればアコースティックのカホンとして演奏できる。

オープン価格で、世界で年間4,000台を販売予定だとか。