KDDI(au)は、スマートフォン向けに、世界23の国と地域に定額通話ができるサービス「au国際通話定額」を発表した。3月から始める。

国内通話定額プラン「カケホ」「スーパーカケホ」を契約している人が利用できる。

毎月定額の料金を支払うと、どの国にでも1回15分以内の通話が50回までかけられる。1回の通話が15分を超えると、30秒ごとに20円が別途かかる。月50回の通話を超えると1回ごとに、15分までは300円、それ以上は30秒あたり20円の通話料金がかかる。

月額料金は、「データ定額5/8/10/13」に加入している人は980円。「データ定額2/3」に加入している人は1,480円 となる。

対象の国と地域は次の通り。

アジア10地域:中華人民共和国(マカオ除く)、フィリピン、大韓民国、タイ、台湾、ベトナム、香港、マレーシア、インド、ネパール

欧米等13地域:ブラジル、ペルー、アメリカ合衆国(アラスカ除く)、カナダ、メキシコ、ハワイ、グアム、イギリス、オーストリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スウェーデン

国や地域は今後拡大予定。

PCから「Skype」などを使っていると、さほどありがたみは感じない気もするが、もっぱらスマートフォンのみが通信手段になってきている、というのであれば活用方法はあるかもしれない。