アナログレコードをハイレゾ音源に変換
アナログレコードをハイレゾ音源に変換

ソニーは、アナログレコードをハイレゾ音源に変換できるターンテーブル「PS-HX500」を発表した。欧州で4月から取り扱い、価格は500ユーロ(6万4,000円程度)としている。

アナログレコードはビニールなどの素材でできた円盤で、表面に刻んだ細かな溝を針でなぞることで、記録した音楽を再生する。今でもその響きを好む人は多く、さらに世界ではまた新たな盛り上がりを見せていると言われる。

ソニーはアナログレコードの復興を踏まえ、新製品を開発した。PS-HX500は、アナログレコードの楽曲を取り込み、DSD 5.6MHz/1bitまたは2.8MHz/1bitなどのデータ形式に変換。スマートフォンやPCに入れて持ち運べるようにする。

USBでPCと接続するほか、フォノイコライザーアンプを内蔵しており、レコードプレーヤーとして外部のオーディオ機器と直接つながることが可能。

レコードプレーヤーとしても
レコードプレーヤーとしても

安定性に優れたベルトドライブシステム、5mm厚のラバーマット、アルミダイキャスト製プラッター、新設計のトーンアームを備えるそう。